オリジナルスマホケースのOEM・製造・作成

無料サンプル制作のご依頼・お問い合わせはこちら
045-315-7164 9:30~18:30(土日祝除く)
メール
無料サンプル制作のご依頼

スマホケースのにおいはどうすればいい?スマホケースがにおう場合の対処法を解説!

アートカバー > お役立ちコラム > スマホケース > スマホケースのにおいはどうすればいい?スマホケースがにおう場合の対処法を解説!

スマホケースのにおいはどうすればいい?スマホケースがにおう場合の対処法を解説!

スマホケースはいつも持ち歩いているスマホを守るために多くの人が装着しています。毎日のように持ち歩きますので、どうしても汚れてしまうのは否めないのですが、ある種汚れよりも気になるのは「におい」です。スマホケースにはさまざまな素材がありますので、どのように対処すればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

今回はスマホケースのにおいへの対処法を解説します。この記事では素材を問わず共通する対処法を解説しますので、普遍的な対策を身につけることができます。

そもそもスマホケースがにおいってしまうのはなぜ?

まず、そもそもスマホケースがにおいってしまうようになるのはなぜなのでしょうか。主な原因は「汗や垢がつくことによる細菌やカビの増殖」です。

スマホは毎日操作するものである以上、ある種当たり前の話ではありますが、自分の手垢や手汗などが毎日のように触れ続けることになります。それによりスマホを包んでいるスマホケースが汗を吸い、触れるほどに垢が増えていくことになります。汗や皮脂に含まれた細菌やカビが繁殖することで嫌なにおいを発するようになるのです。

スマホケースに使われている素材はさまざまなものがありますが、特に布製、革製、合皮製など有機物由来の素材ほどその問題は深刻です。これはスマホケースに限った話ではなく、カバンやベルトなど普段から身につけるものには常につきまとうトラブルです。

また、素材に関係なく共通して発生するトラブルであるものとも言えます。人間が触れるものには多かれ少なかれ皮脂汚れや汗は付着してしまうからです。金属製、プラスチック製の無機物由来のケースでも、指紋などの皮脂汚れが付着することで汚れ、においってくるようになります。

においへの対処法①:中性洗剤を使用し擦り込むように洗う

スマホケースは毎日触れるものである以上、素材を問わず汚れがついてしまうのを完全に防ぐことは難しいです。しかしながら、継続して使用するものの汚れを落とす方法はさまざまにあり、ついてしまった汚れや細菌を落とすのは比較的簡単です。まずは代表的な手段である、中性洗剤を用いた方法をご紹介します。

まず、スマホケースを外します。防水スマホであっても念のためスマホは外しておくのが無難です。そして外したスマホケースを、中性洗剤を混ぜたぬるま湯に浸けます。スマホケースがある程度水に馴染んだ段階で、薄めた洗剤をスマホケース表面に擦り込むように揉み洗いします。

こうした揉み洗いを行うことで、スマホケース表面に染み込んだ汗や垢、そこに棲息する細菌、カビをしっかり浮き上がらせ、汚れは比較的簡単に落ちてくれます。

においへの対処法②:洗剤を水でしっかりすすぎ、乾燥させる

中性洗剤を扱う上で注意すべきことは、中性洗剤は細菌やカビを落とすだけでなく、増殖の元にもなるということです。そのため、揉み洗いの後はしっかりと真水ですすぐことが重要になります。しかも念入りに、丁寧にすすぐことで表面に残った洗剤を欠かさず全て落としてください。

洗剤の滑りがなくなったな、と感じられるくらい、しっかりと行うべきです。ここで手を抜きますと、逆に更なるにおい発生の元となってしまいます。

そしてしっかりとすすぎ終わったら、今度は陰干しして乾燥させます。スマホケースの素材によっては紫外線に弱く日光によって変色してしまうものや熱による変形が起こるもの(プラスチック製のケースなど)が多いことから、日向干しはやめたほうが無難です。

革製のケースの場合は水分を含ませた時点である程度傷んでしまいますが、陰干しにはなるべく傷みを最小限に抑える意味合いもあります。臭い解消との痛み分けのような形にはなりますが、この段階で革の成分が固まってしまうのでそこは意識しておきましょう。

においへの対処法③:殺菌効果を高めるためにエタノールを吹き付ける

完全にスマホケースが乾燥した段階での最後の仕上げとして、殺菌効果のあるエタノール剤を吹きかけておきましょう。いわゆるアルコール除菌による殺菌を行っておき、最後まで残った細菌を根こそぎ一網打尽にしてしまうことで、再び細菌が増殖することをしばらくは防ぐことができます。

エタノールはすぐに乾きますので、水気を残すこともありません。とは言え再び手で触れれば細菌は付着しますから、永続的に防ぐことは不可能であるものの、一旦はにおいがしっかり落ちます。

まとめ

これは素材を問わず対応できる方法ですが、水に弱い、熱に弱い、日光に弱いなどスマホケースの素材ごとの弱点をしっかり見極めることも大切です。例えば革製品の場合では水が極力染み込まないよう工夫する、乾燥後に保湿クリームを塗ってお手入れを欠かさないなど、劣化を最小限に抑える策を取ることが可能になります。

オーダーメイドによるオリジナルなスマホケースを製作・販売している「株式会社アートカバー」では、お客様のご希望に応じてさまざまなケースを作ることが可能です。例えば、ポリカーボネートやTPUなどのプラスチックから、革・布製まで、さまざまな素材を選ぶことができます。耐久性の高い素材を選ぶ、機能性の高いデザインを選ぶなど一つひとつ細かく指定が可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。

2020/08/04
無料でサンプルを制作します。
無料でサンプルを制作します。
045-315-7164
サンプル依頼フォーム

※サンプル作成は企業様を対象としております。

ページ上部へ

無料でサンプル制作します! デザイン自由 約7日で発送 選べるケース

045-315-7164
メール
無料サンプル制作のご依頼