オリジナルスマホケースのOEM・製造・作成

無料サンプル制作のご依頼・お問い合わせはこちら
045-315-7164 9:30~18:30(土日祝除く)
メール
無料サンプル制作のご依頼

クリアソフトケースはなぜ変色する?

アートカバー > お役立ちコラム > スマホケース > クリアソフトケースはなぜ変色する?

クリアソフトケースはなぜ変色する?

生活必需品であるスマートフォンを保護するために、さまざまな種類のケースが販売されています。

その中でクリアソフトケースは人気が高く、使用している人も多いスマホケースです。

柔軟性のある素材であることからスマートフォン本体を優しく保護できて耐衝撃性もあり、またデザインにもよりますがスマートフォン本体とケースの間にカードやステッカーを入れてオリジナル感を出す事もできます。

このようにクリア素材の特性を生かしたデザインやケースとしての使いやすさからとても人気がありますが、その一方で変色しやすいという欠点もあります。

クリアソフトケースが黄色っぽく変色する理由は?

クリアケースを使用した事のある人なら、長期間使用しているケースが黄色っぽく変色していると気になった事があるかもしれません。

使用していくうちに付着する単純な汚れもありますが、実は紫外線を受ける事で徐々に変色してしまうという性質がクリアソフトケースの素材にはあります。

クリアソフトケースは「ポリウレタン」という素材でできています。

強さ、高弾性、外部からの衝撃吸収力などの利点を持つポリウレタンは、スマートフォンケース、ホース、靴のロゴなど、様々なところに使われています。

しかしポリウレタンは日光に長い間さらされると色が黄色く変わるという欠点があるんです。

ポリウレタンの変色の原因は、日光に含まれている紫外線です。

紫外線のエネルギーは、ポリウレタン分子内構造を変形させて赤色の「クイノイド」を生成します。ところが、このとき生成されるクイノイドは極少量であることから、実際には赤ではなく黄色っぽい色に見えているという状態にあります。

拭いても元の色(透明)には戻らない?

一度変色したクリアソフトケースは、いくら拭いても元の透明に戻すことはできません。

こういった事から変色しにくい特殊な素材を使用したケースも一部では販売もされていますが、

まずはすぐに実践できる日頃の対策を行う事がおすすめです。

太陽の光・紫外線になるべく当たらないように気を付ける、窓際に長時間放置しないなどの対策をするだけで変色スピードを通常使用している場合よりも遅らせる事ができます。

まとめ

使用状況によって変色の度合いは様々です。

変色防止の対策をしていても、日常生活で少しずつ蓄積された紫外線量がある事から変色を全く無くすのはどうしても難しいですが、気に入ったスマホケースをなるべく綺麗な状態で長く使えるようにするためにも、日頃からできる対策を心がけていきたいですね。

 

アートカバーでは、人気のクリアケースのお取り扱いをしております。

種類(タイプ)も複数ございますので、ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

「クリアケース」詳しい商品紹介ページはこちら→

2021/09/27
無料でサンプルを制作します。
無料でサンプルを制作します。
045-315-7164
サンプル依頼フォーム

※サンプル作成は企業様を対象としております。

ページ上部へ

無料でサンプル制作します! デザイン自由 約7日で発送 選べるケース

045-315-7164
メール
無料サンプル制作のご依頼