オリジナルスマホケースのOEM・製造・作成

無料サンプル制作のご依頼・お問い合わせはこちら
045-315-7164 9:30~18:30(土日祝除く)
メール
無料サンプル制作のご依頼

塗装で作る!オリジナルスマホケースの魅力

アートカバー > お役立ちコラム > スマホケース > 塗装で作る!オリジナルスマホケースの魅力

塗装で作る!オリジナルスマホケースの魅力

皆様は自身のスマートフォンをどのように保護しているでしょうか?裸のまま持っている方もいらっしゃるかと思いますが、多くの方が保護ケースに入れて使用していると思います。画面がむき出しのスマートフォンを裸のまま使用するのには多少の勇気が必要です。

そんな保護カバーも種類が豊富にあり、素材だけでもプラスチックやTPU、シリコンやアルミ、レザーなどが家電量販店や携帯電話ショップなどで見受けられます。手帳型なども多く見られますね。

ですが、せっかくのカバーだから、知人や友人と被らない、可愛らしい、かっこいいものを使用したい方も多いでしょう。既製品ではあまりお気に入りの柄がないという問題を解決するために、今回はオリジナリティあふれる保護カバーの塗装をご紹介します。

この記事を読むことで、塗装で作るオリジナルスマホケースの魅力が分かっていただけるでしょう。

カバーの塗装

まず、スマートフォンの保護カバーを塗装する方法を簡単にお伝えします。

スプレー塗装

こちらの方法はもっともポピュラーな方法です。クリアや白などの保護カバーに自身の好きなカラースプレーを吹き付けて塗装を行います。ラメを入れたり、光沢を出したり、マットな質感に仕上げたりと自身の好きなように行えます。

あまり難しいことでもなく、塗装したい部分以外はマスキングなどを行ったりすることで安易に行えることでしょう。また、マスキングテープを使用することにより、ストライプ柄や格子模様なども作成できます。

塗り付け塗装

こちらの方法はあまり使用する方も少ない方法かと思いますが、カバー本体にプラモデル用の塗料などを筆や刷毛、スポンジなどを使用して塗り付けます。

利点としてアンティーク感を出したいときや、錆などの表現方法に適しています。また、あえて筆の筆跡や凹凸を多く付けたいときなどに重宝します。

プロに依頼する

こちらの方法は、間違いのない方法になります。吹き付けや塗り付けの失敗などの問題はなく、自身の依頼したとおりに塗装を行ってくれます。

また最大の特徴としては色や柄だけではなく、絵や写真も塗装してもらえるという点が挙げられます。自身のオリジナルキャラの印刷や、好きなキャラクターなどを載せたいときはプロにお任せすることがオススメです。

塗装の注意点

では続いて、先ほど述べた塗装方法の注意点をお伝えします。

スプレー塗装

こちらの方法は、一見利点が多いように思えますが、多くの問題点もあります。

まず、室内での塗装は難しいことでしょう。スプレー塗装にはシンナーや多くの化学物質が含まれているため、密閉された室内での使用には適しません。

また屋外で塗装を行うときも風や砂の影響を受けやすいため、注意が必要です。吹き付ける素材によっては塗料の相性もあるため、事前に吹き付けが可能なのかを調べたり、知識や技術も必要になったりしてきます。

塗り付け塗装

こちらは最大の問題点として、技術を必要とすることが挙げられます。筆の扱いや塗料の扱い、多くの知識も必要になってくることでしょう。

また、塗ったり乾かしたりと作業も多いので、台の上で置きっぱなしでの作業も難しく、基本手に持っての作業も増えてきます。そのため失敗も多く、自身が思っている形に仕上げるためには、何度も失敗を繰り返す結果になるでしょう。

スプレー塗装同様、塗る素材との相性も確認しなければいけません。

プロに任せる

こちらの方法の大きな問題点は、やはり金額が高価になりがちになることでしょう。自身が思っている柄や色、図案などを打ち合わせしたりするためどうしても、自身で行うよりは割高になりがちです。

また、プロが塗装を行っても日常の中に潜む紫外線などの外的要因から、しばらくすると剥がれてしまったり品質が下がったりということは十分に考えられます。スマホケースの塗装は、個人にせよプロに依頼するにせよしっかりやるとなると、下処理、プライマー塗装、本塗装、コーティングなどの工程がありかなり大変なのです。

あくまで色付け程度

前記のように、自身で塗装を行うためには様々な利点と問題点があります。自身で行い出来上がったときには感動もひとしおだと思いますが、1つ注意しなければいけないのが、自身での塗装はあくまでも色付けや柄入れなどのためと思っていてください。

絵を入れたりするのは自身で行うにはどうしてもハードルが高いことでしょう。またスマートフォンの保護カバーは隅が湾曲していることが多く、塗装をする際に技術も必要になるため、失敗してしまうこともあることでしょう。

まとめ

今回は塗装ケースについてご紹介しました。その工程の多さと難易度の高さがわかっていただけたのではないでしょうか。

「株式会社アートカバー」では、塗装ケースには対応しておりませんが、ご要望に応じて手配することは可能です。デザインや色や質感など、すべてにこだわりを持って製作したスマホカバーは、きっと企業やお店の統一感や個性として役立てることができます。無料サンプルもお送りできますので、まずは弊社こだわりの印刷技術を実感いただければと思います。ご相談はお気軽に、公式HPより承っております。

2020/08/11
無料でサンプルを制作します。
無料でサンプルを制作します。
045-315-7164
サンプル依頼フォーム

※サンプル作成は企業様を対象としております。

ページ上部へ

無料でサンプル制作します! デザイン自由 約7日で発送 選べるケース

045-315-7164
メール
無料サンプル制作のご依頼