オリジナルスマホケースのOEM・製造・作成

無料サンプル制作のご依頼・お問い合わせはこちら
045-315-7164 9:30~18:30(土日祝除く)
メール
無料サンプル制作のご依頼

スマホケースの寿命はどのくらい?一般的な寿命や大切に扱うポイントを解説!

アートカバー > お役立ちコラム > スマホケース > スマホケースの寿命はどのくらい?一般的な寿命や大切に扱うポイントを解説!

スマホケースの寿命はどのくらい?一般的な寿命や大切に扱うポイントを解説!

スマホは毎日持ち歩き、人によっては常に操作するものです。そのスマホを包み守るスマホケースもまた、常に触れ、常に持ち歩くものです。必然的に、いつかは「寿命」がきてしまいます。一切の買い替えなしにスマホ自体を変える場合もあるでしょうが、なるべく長持ちさせたいものです。

今回は、スマホケースの寿命はどのくらいなのか、また長持ちさせるにはどういったコツがあるのかを解説します。お金を払って追加で購入するスマホケースですから、大体の寿命を知り、扱い方を知ることでより長持ちさせることが可能になりますよ。ぜひこの記事を参考にしてみてください。

スマホケースは1〜2年で買い替える人が多い

スマホケースを使っている人は、どの程度の頻度でスマホケースを買い替えているのでしょうか。

インターネット上にある口コミや質問系サイトを見た限り、多くの人は「壊れるまで同じケースを使い続ける」、「スマホ自体を交換する2年あたりまでずっとつける」と考えていることが読み取れます。しかしながら最も多いアンケート回答は「1年に1回の頻度で買い替える」であり、これは男女共通しています。

スマホそのものの耐用年数も技術の発展とともに短くなっており、2年というのは大手キャリアの機種変更のタイミングでもあります。スマホ自体を2年で買い替え、そのタイミングで新しいケースを買うか、その途中で壊れてしまうなどして買い替えざるを得ないか。そういう帰結に至るのは極めて妥当と言えるでしょう。

そして言い換えればそれは「スマホケースは1〜2年もてば十分」ということでもあります。スマホ自体が長期にわたって使用し続けるものではありませんので、その程度の寿命さえ最低限もてば十分、ということです。

手帳型ケースの寿命

手帳型ケースとは、スマホ全体を覆い機能性を高めてくれるケースです。手帳のように蓋があり、しっかりと閉じられるようになっています。

手帳型ケースに一般的に用いられている素材は合皮や本革、布などです。素材によって細かく寿命は異なりますものの、合成皮革の場合では1〜2年、PU(ポリウレタン製の合成皮革)の場合では2〜3年で経年劣化し使えなくなると言われています。頑丈そうに見えますが、意外と短いのです。

しかし天然素材の本革の場合更に寿命は長く延びるほか、経年劣化もまた味として実用性さえ損なわなければ3年を超えて長く使い続けることも可能です。

シリコンカバーなどソフトケースの寿命はおよそ1年

スマホケースには様々な素材がありますが、シリコンカバーやTPU製などの柔らかい素材でできたいわゆる「ソフトケース」の場合、頻繁に使用していれば耐用期間はおよそ1年程度と言われています。

特にシリコン製の場合は、基本的に粘着性が高い素材であることもあって汚れが付着しやすいこと、素材の柔らかさから10ヶ月ほどの使用で端あたりのシリコンが少しずつ剥がれ始めるなど劣化は比較的早まってしまうようです。

物理的には使用できない状態ではないものの、綺麗に使い続けられるという意味での寿命を考えれば、ソフトケースの場合は半年に1回買い替えるほうが安心かもしれません。ただしTPU素材の場合は耐久性が高いため、1年〜1年半くらいは普通に保ちます。

スマホケースを長持ちさせるコツとは

それでは、スマホケースを長持ちさせるために大切なポイントはどういったことがあるのでしょうか。スマホケースを長く使っていく上で最も重要なのは、素材ごとのメリット・デメリット、とりわけ弱点にあたるデメリットを把握しておくことです。

例えば、「革製の場合は水分に弱く、汚れがつきやすい」とか、「ポリカーボネート製は軽くて丈夫だが薬品や日光によってすぐに変色してしまい、耐熱性に欠ける」とか、「シリコン製の場合は汚れがつきやすい、汚れが目立ちやすい、しっかり使い倒していると徐々に表面が欠けてしまう」などです。

素材の弱点を知ることは、スマホケースの扱い方を再考するきっかけになります。結論を言えばスマホケースの寿命を決めるのはスマホケースの扱い方如何です。素材が何に弱いのかを把握しておけば、自然と「弱点を避ける」運用に変えられるため、スマホケースがより長持ちします。

また革製の場合は定期的に保湿クリームを塗るなどのお手入れを欠かさないことでより寿命が長くなります。布製もそうですが有機由来の素材の場合は特に汚れに質を左右されますので、表面の汚れを頻繁に掃除することで耐用年数は長くなっていくでしょう。

まとめ

素材を問わず、まずは扱い方を知ることが寿命を延ばす最低限の条件です。素材ごとの劣化要因を見抜き、なるべくそれらの要因を回避することで、運がよければ買い替え一切なしで次のスマホに移ることもできるでしょう。

お客様の希望に応じてオリジナルのスマホケースを製造している「株式会社アートカバー」では、豊富な素材からスマホケースをオーダーメイドで作ることが可能です。ポリカーボネート、TPUをはじめ耐久性の高いケース素材も多く用意しており、自由に選ぶことができますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

2020/08/04
無料でサンプルを制作します。
無料でサンプルを制作します。
045-315-7164
サンプル依頼フォーム

※サンプル作成は企業様を対象としております。

ページ上部へ

無料でサンプル制作します! デザイン自由 約7日で発送 選べるケース

045-315-7164
メール
無料サンプル制作のご依頼