オリジナルスマホケースのOEM・製造・作成

無料サンプル制作のご依頼・お問い合わせはこちら
045-315-7164 9:30~18:30(土日祝除く)
メール
無料サンプル制作のご依頼

スマホケースにお悩みの方はチェック!手帳型タイプが多機能でオススメ

アートカバー > お役立ちコラム > スマホケース > スマホケースにお悩みの方はチェック!手帳型タイプが多機能でオススメ

スマホケースにお悩みの方はチェック!手帳型タイプが多機能でオススメ

スマホケースを選ぶ際は、デザイン性を重視したり、持ち運びのしやすさや機能性を重視したり…選ぶポイントは人それぞれです。

しかし、「保護する目的だけではなく、どうせなら多機能なカバーがあればいいな」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。毎日持ち歩くものだからこそ、ちょっとした便利機能があるのはとてもいいものです。そのような方には、手帳型のスマホケースを強くオススメします。

今回は、とても便利な手帳型のスマホケースの素材やそのメリット、デメリットなどをご紹介します。ぜひスマホケースを選ぶ際に、参考にしてみてください。

そもそも手帳型のスマホケースって?

手帳型のスマホケースとは、その名前のとおり、手帳のように開けるタイプのカバーのことです。ここ数年でよく見かけるようになりました。では一体、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリット

手帳型のスマホケースには、以下のようなメリットがあります。

  • 画面を保護できるので、画面割れの防止に
  • カードを収納できる便利なポケットつき、ミラーがついているタイプも
  • スタンドにもなるので、動画も見やすい
  • 画面を見られることがないので、プライバシーの保護にも◎

まず、画面を保護できるというのが最大のメリットとして挙げられます。スマホを落として画面を割ってしまった経験のある方や、スマホの画面を傷つけたくないという方にはとてもオススメです。

また、カードを収納できるポケットがあることで、日常的に持ち歩くカード類を入れておくのもいいでしょう。取り出しに時間をかける必要がなくなるので、いつもの毎日が少しスタイリッシュになります。

デメリット

上記の項目を見てみると、手帳型のスマホケースは非常に多機能で利便性が抜群だということがわかります。しかし、もちろんデメリットもあるので、以下の項目で確認してから、検討してみましょう。

  • スマホの熱がこもりやすい
  • 磁気によって、カードが使えなくなる可能性がある
  • かさばるのでポケットなどに入れづらい

いくつかデメリットがある中でも一番注意したい点が、磁気の関係で、カードが使えなくなる可能性があるということです。というのも、手帳型のケースのベルト部分はマグネットであることがほとんどです。カードを入れる際には、磁気と関係のないものをしまうようにしましょう。

ただ当社では、オプションで磁気波防止シートもつけることができますので、「磁気による不具合が不安」という方でも安心して手帳型のカバーを使用できます。手帳型カバーに入れて良いカードとそうでないものの区別は、こちらの記事を参考にしてみてください。(手帳型カバーと磁気の記事へのリンク)

また、スマホを長時間使用していると、熱をもつことがあります。熱がこもった状態は、スマホの電池の消耗に大きく関わってしまいます。定期的に取り出したり、放熱の穴が空いているタイプを選んだりするなど、工夫するようにしましょう。

どんな素材で作られている?

手帳型のスマホケースは、主にレザー素材で作られています。レザー素材の特徴は、以下のとおりです。

  • 耐久性に優れているので保護力が高い
  • 高級感のある見た目
  • 滑りにくい素材

レザーはとてもやわらかい素材であり、滑りにくい素材です。木材のカバーのように、手から滑り落ちてしまうような危険性はあまり考えられませんが、もし落としてしまった場合でも、衝撃をしっかりと吸収してくれるので安心です。

また、プラスチックなどよりも比較的価格が高いこともあり、高級感のある見た目に仕上がっています。

このような方にオススメ

以上の項目から、手帳型のスマホケースは以下のような方にオススメです。

  • スマホ画面をしっかりとカバーしたい方
  • プライバシーをしっかりと保護したい方
  • 機能性で利便性を重視したい方

手帳型のスマホケースだからこそ実現できる多機能さで、日々スタイリッシュに過ごしたい方にはぴったりです。また、プライバシー面やカードの収納機能から、ビジネスシーンや通勤通学に電車を使う方にもオススメです。

オプションによる磁気波防止機能、スマートフォン端末の装着仕様方法(はめ込むタイプ、テープ)、機能性に関してはミラーやポケットなど自分好みに選ぶこともできるので、デザイン性以外にもこだわりをぎゅっと詰め込んだカバーを作製できるでしょう。

まとめ

今回は、手帳型のスマホケースのメリットとデメリット、素材について詳しく解説しました。手帳タイプには、非常に多くのメリットがあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

毎日持ち歩くスマートフォンですので、デザイン重視で選ぶのもいいですが、多機能な手帳型のスマホケースを使うことで、ふだんの日常を少し便利にしてみてはいかがでしょうか。

「お気に入りのスマホケースが見つからない」「オリジナルのスマホケースを大量発注したいけど、どこかいい業者はないだろうか」このようにお考えの方は、ぜひ一度「株式会社アートカバー」にお問い合わせください。

アートカバーでは、オリジナルスマホケースの制作を行っています。個数は30個~数万個まで対応できますので、企業様からのご依頼について歓迎しております。種類はハードケースからソフトケースはもちろん、今回ご紹介した手帳型のスマホケースも承っています。

当社の手帳型スマホケースのデザインには、日本国内ではほとんど見られない合皮への熱転写印刷を採用しているため、非常に耐久性が高くなめらかな手触りを実現しています。一般的な手帳型ケースはUV印刷でインクを素材の表面に置着させる方式です。手帳型のような合皮素材で、柔軟性のある素材では剥がれやすく耐久性にはあまり優れていません。この違いをぜひ一度実感していただければと思います。

お問い合わせは、ホームページやお電話でも承っております。ぜひこの機会に、私たちとオリジナルのスマホケースを作ってみませんか?

2020/08/04
無料でサンプルを制作します。
無料でサンプルを制作します。
045-315-7164
サンプル依頼フォーム

※サンプル作成は企業様を対象としております。

ページ上部へ

無料でサンプル制作します! デザイン自由 約7日で発送 選べるケース

045-315-7164
メール
無料サンプル制作のご依頼