オリジナルスマホケースのOEM・製造・作成

無料サンプル制作のご依頼・お問い合わせはこちら
045-315-7164 9:30~18:30(土日祝除く)
メール
無料サンプル制作のご依頼

スマホケースのレザー素材のメリット・デメリットは?お手入れ方法も紹介!

アートカバー > お役立ちコラム > スマホケース > スマホケースのレザー素材のメリット・デメリットは?お手入れ方法も紹介!

スマホケースのレザー素材のメリット・デメリットは?お手入れ方法も紹介!

現在、スマートフォンは学生から大人までほとんどの方が使用しているアイテムとなっています。また、スマートフォンを持っている方は、出かける時には常に携帯しているという方がほとんどでしょう。そんな生活の中でも所持している時間が長いアイテムですからこそ、お気に入りのスマホケースで保護や利便性はもちろん、おしゃれに装飾したいという方も多いのではないでしょうか。

スマホケースの1つとしてレザー素材のケースがあります。ここではレザースマホケースを検討中の方へ、レザースマホケースのメリット・デメリットをご説明いたします。またお気に入りのレザーケースを長持ちさせるためのお手入れ方法についてもみていきましょう。

レザーのスマホケースの特徴

レザー仕様のスマホケースには本革で作られたものと、合成皮革で作られたものが存在します。合成皮革は人工的に作られた素材ですので、フェイクレザーと表記されることもあります。合成皮革は本革よりも安価で手に入るため、レザー仕様のスマホケースを求める方の中でも、合成皮革を選択する方も多く見受けられます。それぞれどのような特徴があるのかみていきましょう。

本革

本革の特徴としては以下の点が挙げられます。

  • 経年により革自体に味が出てくる
  • 耐久性がある
  • 通気性が良好
  • 水分に弱く、カビが生えやすい

革の一番のメリットは耐久性に強く、傷がつきにくいことです。また使えば使うほど独自の味わいが出てきますので、購入時とは違った良さを楽しむことができるでしょう。ただ水分に弱いので、保管方法によってはカビが生えてしまうということあります。水に濡れてしまった場合などは注意が必要です。

合成皮革(フェイクレザー)

合成皮革の特徴は以下の通りになります。

  • 重さが軽い
  • 水分に強い
  • 通気性がない
  • 耐久性に弱く、経年劣化する

合成皮革は見た目こそ本革と近いですが、人工素材ですので、経年に弱く使っていくうちに傷や破れなどが起きることもあるでしょう。しかし重さが軽いことや、水分に強い点はスマホケースとして利用する上ではメリットとして挙げられます。

レザーと合成皮革では見た目こそ似ていますものの、時間が経つにつれ違いが現れてくるでしょう。レザーはとにかく使っていく中で手に馴染み、使い勝手が良くなってきますので、愛着も湧きやすく長年使っていくことが可能です。高価なものではありますが、自分だけのオリジナルの味わいが出ることがレザースマホケースの最大の魅力でしょう。

また合成皮革は長持ちしませんがレザーよりも安価なので、色々なデザインのスマホケースを楽しみたい方や、機種変更などをすぐに考えている方にはおすすめです。

レザースマホケースのお手入れ方法

実際にレザーのスマホケースを使用した場合どのようなお手入れをすると良いでしょうか。お気に入りのレザースマホケースを長持ちさせるためのお手入れ方法をみていきましょう。

拭き取り

レザー部分の表面を丁寧に拭き取りしましょう。その際拭き取りは乾いた布で行います。メガネ拭きなどの柔らかい布を使用すると良いでしょう。見た目には汚れていないようにみえても、実は手垢や手汗などで汚れが付着している可能性があります。毎日の習慣にしておくと綺麗に保つことができます。

2-2.保湿クリームを使用する
スマートフォンは出し入れが多く、衣類やカバンとのすれが多く発生します。特に手帳型のスマホケースの場合、開閉部分に負担がかかりそこからひび割れが起こることが考えられます。ひび割れを防ぐ方法としてレザー専用の保湿クリームを塗っておくと良いでしょう。

ただし艶出しの保湿クリーム等はスマホケースのレザー素材と合わないケースも多いので、全体的に塗布する必要はありません。ひび割れが起きやすい部分に優しく塗布する程度で問題はないでしょう。

水分が入らないように注意する

とにかくレザーは水分に弱いのが特徴です。濡れた手で触ったり、雨に濡れてしまったりしないように注意が必要です。万が一濡れてしまった場合には、すぐに水分を拭き取り陰干しをして乾かすようにしましょう。この時に、すぐに乾かそうとして、日に当てるのは帰ってレザーをいため劣化させてしまう可能性があります。

汚れは早めに拭き取り

汚れに気付いたら早い段階で拭き取りを行いましょう。乾いた布で落ちない場合には消しゴムで対応してみると良いでしょう。この時汚れのない白い面で優しくこするように行います。消しゴムでも落ちないという場合には、レザー専用消しゴムやクリーナーが販売されていますので、そちらを使用して汚れを除去するようにしましょう。

まとめ

スマホケースは毎日触るものですからこそ、使い勝手が良く愛着のあるものを使用したいものでしょう。レザーのスマホケースは長く使い続けられ、オリジナリティ溢れる味わいを楽しむことができるという魅力があります。長く使えるスマホケースをお探しの場合は、ぜひレザー素材のスマホケースを検討してみてはいかがでしょうか。

レザー製品の本場、韓国を拠点にしているアートカバーでは、様々なレザー製品のご要望にお応えできます。また、アートカバー独自の手触り感のなめらかな合皮を使ったケースでは、様々なイメージをプリントでき、貴社のブランドやサービスイメージに合わせた印刷が可能です。

2020/07/28
無料でサンプルを制作します。
無料でサンプルを制作します。
045-315-7164
サンプル依頼フォーム

※サンプル作成は企業様を対象としております。

ページ上部へ

無料でサンプル制作します! デザイン自由 約7日で発送 選べるケース

045-315-7164
メール
無料サンプル制作のご依頼