オリジナルスマホケースのOEM・製造・作成

無料サンプル制作のご依頼・お問い合わせはこちら
045-315-7164 9:30~18:30(土日祝除く)
メール
無料サンプル制作のご依頼

スタンド付きスマホケースの種類と特徴とは?

アートカバー > お役立ちコラム > スマホケース > スタンド付きスマホケースの種類と特徴とは?

スタンド付きスマホケースの種類と特徴とは?

スマホで動画を視聴する方のなかには、動画などが見にくいと困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのときに、あると便利なのがスタンドです。テーブルなどに置いた状態で鑑賞する際に、スタンドがあれば、ちょうどいい角度に保つことができ、動画視聴もラクになるでしょう。

そんなスタンドには、いくつかの種類が存在します。今回は、それぞれの特徴についてご紹介いたします。ぜひご自分にあったスタンドを見つけてみてください。

スライドスタンドタイプ

スタンドとして使用するのであれば、スライドスタンドタイプがもっともオススメです。通常はただのスマホケースですが、スタンドとして使用する場合は、背面を下に向かってスライドさせることによって、内側に隠されたスタンドを使用できる構造になっています。

また、背面内部にはICカードなどを挿入するスペースが設けられていることが多く、ICカードなどを使用している方にとってはとても便利です。さらにはスライドした際に、内側部分にミラーが付いているものもあり、スタンドミラーとしても利用できます。ただスマホを傷などから守るというだけではなく、高機能でマルチに活用できるというのが最大のメリットと言えるでしょう。

スライドスタンドタイプは、スライドしなければ、一般的なスマホケースと同じという部分も大きなメリットでしょう。背面に出っ張りなどは一切ありませんので、ストレスを感じることがありあせん。

また、ほかのタイプと違うのは、スタンドとして使用することを前提としているため、安定感があるという点です。スタンドを頻繁に利用する方にとっては、もっとも使いやすいタイプだといえるでしょう。

スマホリングタイプ

スマホリングは、通常のスマホケースとは別のものとなっており、付けたい人だけがあえて付けるようなスタイルです。

ただし、なかには、スマホケースとリング部分が一体型になっているタイプも存在しています。デザインに関してはやや限定されますが、はじめからリングが付いているため、リングの位置なども調整する必要がありません。

スマホリングは、リング部分に角度をつけて固定することによって、テーブルの上などに置いてスマホで動画を見ることが可能です。ただし、あくまでもスマホを操作する際に、リング部分に指を通すことによって落下を防ぐのがメインの機能ですので、スタンドとしての機能はあくまでもおまけです。リング部分のサイズによっては、スタンドとして使用したときの角度があまりつかず、画面が見づらくなる可能性もあります。

リング部分が固定できるからこそスタンドとして機能するので、リング部分が固定できないタイプの場合は、スタンドとして使用することは難しくなります。また、リング部分がどうしてもケース背面で出っ張る形になりますので、背面を下にしてスマホを置いたときに凸凹してしまうという点は、デメリットになるかもしれません。

手帳型タイプ

手帳タイプのスマホケースは、スマホ全体を包み込むような形でカバーするものですが、実はスタンドとしての機能を持ち合わせているタイプもあります。

スタンドとしての使用できるタイプは大きく分けて2種類あり、まずひとつは、カバー側に折り目がついているタイプです。カバーにあらかじめ付いている折り目部分を三角に折りたたむことによって、その部分をスタンドにするというものです。安定感はそれなりにありますが、折っていない状態のときに折り目があるという部分が、やや不格好というデメリットがあります。

もうひとつが、カバーの内側部分にスマホ本体の側面を固定することによって、角度のついたスタンド使用状態にできるタイプです。このタイプは、カバーの内側部分にグリップになるような加工が施されており、外側部分に関しては、一般的な手帳型スマホケースと変わりません。そのため、デザイン性に優れていますので、人気があるタイプです。

ポップソケットタイプ

近年じわじわと人気を高めている傾向にあるのが、ポップソケットタイプです。ポップソケットタイプは、厳密にいえばスマホケースではありません。スマホリングの仲間のようなもので、中心部分が蛇腹のような構造です。使用していないときには折りたたんでおいて、使用するときだけ伸ばすという使い方ができます。

伸ばした状態で好きな角度から指で挟んだり掴んだりすることによって、スマホを固定しながらの操作を実現しています。スマホリングと違って、指の可動域が制限されないというのが特徴のひとつです。

そんなポップソケットは、伸ばした状態にすることで、スタンドとして機能させることも可能なのです。基本的には、蛇腹部分は3段階に伸ばすことが可能で、最大まで伸ばした状態にすると、ちょうどいい角度でスマホを固定させることができます。

ポップソケットの形状はほとんどの場合円形ですので、スタンドとしてテーブルなどの上に置く際に、スマホが左右どちらの向きでも、同じように固定させることが可能というのが最大の特徴です。

まとめ

動画配信サービスなどが普及した現在では、スタンド機能は必須という方も多いかもしれません。使用感と使用していないときのデザイン性などを総合的に考え、ご自分に合ったものを選んでみてください。
スタンドのスマホケースをお求めでしたら、ぜひ「株式会社アートカバー」までお問い合わせください。アートカバーでは、スタンドがケース内に収納された当社だけのオリジナルスマホケースをご用意しております。貴社のオリジナルデザインの制作も可能です。ブランドイメージなどに合わせてオリジナルのスタンドケースを作ることが可能ですので、ぜひお問い合わせください。

2020/07/10
無料でサンプルを制作します。
無料でサンプルを制作します。
045-315-7164
サンプル依頼フォーム

※サンプル作成は企業様を対象としております。

ページ上部へ

無料でサンプル制作します! デザイン自由 約7日で発送 選べるケース

045-315-7164
メール
無料サンプル制作のご依頼