オリジナルスマホケースのOEM・製造・作成

無料サンプル制作のご依頼・お問い合わせはこちら
045-315-7164 9:30~18:30(土日祝除く)
メール
無料サンプル制作のご依頼

iPhoneケースに入れたままワイヤレス充電は可能か?

アートカバー > お役立ちコラム > スマホケース > iPhoneケースに入れたままワイヤレス充電は可能か?

iPhoneケースに入れたままワイヤレス充電は可能か?

充電コードを本体に挿すことなく充電できる、iPhoneのワイヤレス充電機能。多くの人が利用している機能かと思います。

しかしiPhoneに買い替えるとして、気になるのがiPhoneケース。実はiPhoneケースによってはワイヤレス充電非対応のものもあるため、注意が必要です。

そこで今回は、数あるiPhoneケースの中で、ワイヤレス充電可能なモデルをご紹介します。この記事を読むことで、ワイヤレス充電タイプでも使えるケースかどうかがわかります。

ワイヤレス充電の仕組みについて

まずはiPhoneシリーズのワイヤレス充電について、仕組みを確認しておきましょう。iPhoneにワイヤレス充電が搭載されたのは、iPhone 8シリーズから。外部の機器を利用すれば、iPhone7でもワイヤレス充電は可能ですが、本体の基本機能として搭載されたのは、iPhone 8からになります。

ワイヤレス充電の方法は、充電台に上向きにiPhoneを置くだけ。スマホの背面と充電台がしっかり接着していれば、それだけで充電ができるということになります。

しかし、充電のためにいちいちiPhoneケースから本体を取り出すのは非常に面倒です。できればiPhoneケースを装着したままワイヤレス充電できるのがベストなはず。ケースによっては、着けたままワイヤレス充電が可能なものもあるのです。

耐衝撃性の高い素材もワイヤレス充電対応可能

では、着けたままでワイヤレス充電ができるiPhoneケースについて、素材やサイズなどをご紹介します。

耐衝撃性能の高いポリカーボネートは?

一般的なガラスの250倍の耐衝撃性能を誇り、防弾ガラスにも使用されることがあるポリカーボネート。衝撃に強いことから、iPhoneケースに使用されることも少なくありません。衝撃に強い素材ではありながら、ワイヤレス充電もできる素材ですのでご安心ください。

TPU素材のiPhoneケースは?

プラスチックの一種であり、柔軟性が高く衝撃を吸収することで本体を守るTPU素材。このTPU素材のiPhoneケースも、基本的にはワイヤレス充電が可能になっています。さらに、ポリカーボネートとTPU素材を貼り合わせたiPhoneケースでも、基本的にはワイヤレス充電可能です。

手帳型のiPhoneケースは?

すべてのモデルではありませんが、手帳型のiPhoneケースの多くも、ワイヤレス充電に対応しています。手帳型のiPhoneケースを選ぶ場合、ケースの素材よりも本体背面側の厚みに注意が必要です。

金属製や厚いケースはワイヤレス充電に不向き

では、ワイヤレス充電に対応できない、または不向きのiPhoneケースもご紹介します。

本体平面側の厚みが3mmを超えるiPhoneケース

iPhoneのワイヤレス充電は、iPhone本体の背面とワイヤレス充電器を接触させることで充電を行います。そのため、厚みがあり、充電台との距離ができてしまうiPhoneケースの場合、ワイヤレス充電ができない場合があります。

目安としての厚みは3mmです。3mm以上の厚みだと、ワイヤレス充電が反応しない場合もありますので、iPhoneケースを選ぶ際には厚みにも注意しましょう。

スマホリング付きのiPhoneケース

背面にスマホリングがついているiPhoneケースは、ワイヤレス充電には向いていません。とくにスマホリングが金属製の場合、スマホリングの位置や厚みに関係なく、ワイヤレス充電できない場合が目立ちます。

また、スマホリングがプラスチック製でも、ケースとリングを合わせた厚みが3mm以上の場合、やはりワイヤレス充電はできないようです。スマホリング付きのスマホケースは、ほとんどの場合、ワイヤレス充電には向いていないと考えた方がいいでしょう。

金属製のiPhoneケース

アルミニウムなど、金属製のiPhoneケースは、基本的にワイヤレス充電には適していません。間に金属が挟まると、それだけでワイヤレス充電はできなくなります。

磁気カードを背面に収納できるiPhoneケース

手帳型のiPhoneケースの中には、SuicaやPASMOなどのカードを収納できるタイプがあります。このカードを収納する場所が、スマホの前面側の場合は問題ありませんが、背面側にカードを収納するモデルの場合、ワイヤレス充電ができない場合があります。

カードを収納しているのが原因でワイヤレス充電ができない場合、一度カードを抜くなどの対応が必要です。

まとめ

iPhone 8シリーズ以降に対応しているiPhoneケースにとっては、ワイヤレス充電ができるかどうかは非常に大きなポイントになります。ワイヤレス充電のたびにケースを取り外す必要があるものはその都度手間になってしまいますし、ケースのせいでワイヤレス充電の機能が使えないのでは、意味がありません。

「株式会社アートカバー」では、ワイヤレス充電対応のiPhoneケースを多数取り扱っております。しかも、オリジナルのデザインの印刷もできますので、ワイヤレス充電が可能で、さらに世界で唯一のiPhoneケースを制作することが可能です。iPhoneケースの制作をお考えでしたら、気軽にご相談ください。

2020/06/23
無料でサンプルを制作します。
無料でサンプルを制作します。
045-315-7164
サンプル依頼フォーム

※サンプル作成は企業様を対象としております。

ページ上部へ

無料でサンプル制作します! デザイン自由 約7日で発送 選べるケース

045-315-7164
メール
無料サンプル制作のご依頼