オリジナルスマホケースのOEM・製造・作成

スマホケースのOEM無料サンプル制作のご依頼・お問い合わせはこちら
045-315-7164 9:30~18:30(土日祝除く)
OEMお問い合わせメール
スマホケースのOEM無料サンプル制作のご依頼

歴代最強!Galaxy(ギャラクシー)S22シリーズの評価まとめ【最新スマホケース情報も】

アートカバー > お役立ちコラム > トレンド > 歴代最強!Galaxy(ギャラクシー)S22シリーズの評価まとめ【最新スマホケース情報も】

Galaxy最新機種S22シリーズの詳細とスマホケース対応最新情報

歴代最強!Galaxy(ギャラクシー)S22シリーズの評価まとめ【最新スマホケース情報も】

先日Appleより最新機種SE3(第3世代)の発表がありました。
高い性能を誇っており、既に人気で高い評価も得ています。

こちらの詳細は『iPhoneSE3(第3世代)対応スマホケースの互換性について【最新情報】』にありますので、気になる方はチェックしてください。

一方のSamsungも負けてはいません。
先日Galaxyシリーズの最新機種であるS22が発表されました。

今回はギャラクシーのSシリーズ「S22」についての評価をまとめてみたいと思います。

結論から言いますとGalaxyユーザーであるならば当然「買い」であることは間違いありません。
特にnoteを使用するならSペン内蔵の「Galaxy S22 Ultra」は買って後悔はないnoteといえるでしょう。

iPhoneユーザーにとってはピンと来ないことかもしれません。
しかしGalaxyユーザーにとっては買い替え時ともなれば、自然に手を取ってしかるべきなのがS22なのです。

軽くてスマートなGalaxy S22とS22+

今回のGalaxy S22シリーズは以下の3種類となっています。

  • 基軸となる「ギャラクシーS22」
  • 画面の大きい「ギャラクシーS22+(プラス)」
  • 一番大きく性能も良い「ギャラクシーS22 Ultra(ウルトラ)」

3種類ともS22という同様のバージョン名となっていますが、個性はまるで違っています。
どちらかというと「S22」と「S22+」は兄弟で、「S22 Ultra」は同じ兄弟でも腹違いの兄といったところでしょうか。

実際にS22を手にとって見ると違いも良くわかります。
6.1インチの画面と167グラムという軽量さは、手が小さい人にとっても負担にならず丁度の大きさです。

一方の「S22+」も画面は6.6インチで、重さも195gですので軽量化も実現させた素晴らしい改良点です。
画面もすっきりですし重さも気にならないスマートな作りといえるでしょう。

もちろん、バッテリーや充電速度に関しても改善されています。

見た目のデザインについては昨年発売の「S21」と近い内容となっています。
背面の材質はプラスチックからガラスに変更され、前後に平な仕様は洗練されたスマートな印象です。

iPhoneのデザインに近いものとなってきた印象です。
洗練されたデザインから、スマホケースを装着するのがもったいないという人も出てきそうですね。

カラーバリエーションは「ブラック」「ホワイト」「ピンクゴールド」の3種類です。
ピンクゴールドはどちらかというと、白がつよい印象です。

本体の印象にそろえて、洗練されたカラーバリエーションを揃えてきたようです。
対抗するiPhoneを強く意識しているようですので、カラーについては今後の展開にも期待です。

軽くて高性能!Galaxy S22 Ultra

ギャラクシーS22シリーズ最大の特長はやはり「Ultra」に集約されます。

SAMSUNG歴代のスマートフォンの中で最も素晴らしい「Sシリーズ」の中でも、存在感だけでなくサイズ的にも大きな部類です。
なぜなら大きさだけではなく、性能自体も最たるものだからです。

今回のnoteシリーズは画面も大きく、四角い作りで売りのひとつである「Sペン」が付いているという点でも注目が集まっています。


Ultraを発売前に使用体験したユーザーの声をみると、今までの概念を覆すデザインに驚かされます。
見た目と合わせて、特に裏面のカメラレンズが独特のフォルムで印象的なようです。

蜘蛛の目に似ていて気持ちが悪いという声も出てきそうですが、見えようによってはとてもシンプルな設計です。
好き嫌いは分かれそうですが、今まで慣れ親しんできたユーザーともなれば悪い印象は持つことはありません。

側面は丸まっていて、手に馴染みグリップ感もあります。
携帯で動画を再生してみれば、違いは一目瞭然です。暇さえあれば画面を見てしまう人は「超おすすめ」です。

また、その大きさたる所以でバッテリーの容量も5000mAhと十分な性能を誇っています。

画面も十分に明るくなっています。
ディスプレイの最大の明るさは1750ニットで、歴代ギャラクシーフォンの中で最も明るいです。

周辺環境を考慮して最適なトーンを出力する「ビジョンブースター」も搭載しています。
昼の日差しの元でもよく見えると高評価です。

真夏の空で外に出て、新型ギャラクシーの効果を最大限に体験してみたいものです。

iPhoneとの比較【カメラ機能編】

歴代最強!Galaxy(ギャラクシー)S22シリーズの評価まとめ【最新スマホケース情報も】

SAMSUNG最大の自信作である「Galaxy S22 Ultra」のカメラ機能について、iPhoneと比較していきます。
まず、実際に使用してみると感じられる点が「親切設計」です。

前作でのユーザーからの要望をよく捉えて、新作に落とし込んできた姿勢が見て取れます。
正直なところ不満点はなし!というのが現状です。

夜間のカメラ機能は大幅に改善されている印象です。
実際に良く撮れるとの意見も多く、星3つといったとことでしょう。

何世代も前の機種を使用している人にとっては「次元が違う」という声も聞こえてきそうです。

Galaxyといえば、写真の出来に不満があるという声が多くありました。
新作では全体的にコントラストも強めで、より鮮明な結果が期待できます。ディティールも大幅に改善されています。

「スーパークリアレンズ」のお陰もあって、フレアとゴーストの問題も確実に減っています。

カメラ機能では高い水準にある「iPhone13Pro」と比較しても、決して劣ってはおらず匹敵する水準を保っています。

あえて問題点を出してみるとすれば、写真の結果に「シャープさ」を求める人と、
柔らかさといった「自然なイメージ」を求める人とで評価は分かれてきそうです。

ズーム機能でいえばiPhoneよりも、「Galaxy S22 Ultra」が圧倒的に優位です。
夜間の動画撮影が目的であれば「iPhone13Pro」が一枚上手といえるでしょう。

実験的な領域であった「人工知能(AI)」の活用は更に踏み込んでいるようです。
影や光の反射を消してくれる繊細で魅力的な機能においては、AIが活躍しています。

素早く撮って送りたい「領収証や」「文書」を撮影したい場合は、手元の影を見事に消してくれます。
店頭のディスプレイなど、自身の姿の反射が気になるときでも自動的に補正してくれます。

こういった点から個人的な使用よりも、実務的な仕事熱心な人にとってはGalaxyの方が向いています。

気になる最新スマホケースの対応とまとめ

今回はSAMSUNGの新作「Galaxy S22」について性能や使用感をまとめてみました。

実際にギャラクシーS22を使用している人にとっては、スマホケースの対応も気になるところかもしれません。
もちろんアートカバーでは、最新機種である「Galaxy S22」「Galaxy S22+」「Galaxy S22 Ultra」に対応しております。

現在は「ハードケース」「クリアソフト」「クリアハイブリット」「クリアハイブリットカード」の対応がございます。
OEMでのオリジナルデザインでスマホケースの販売を検討している法人様や、オンラインショップを運営中の個人事業主様は是非お問い合わせください。

お問い合わせ
OEM取扱商品の紹介

アートカバーでも、既存商品のGalaxyS22シリーズ対応を順次オンラインショップで取り扱い販売を開始いたします。
是非、チェックしてみてくださいね。

オンラインショップ

無料でサンプルを制作します。
無料でサンプルを制作します。
045-315-7164
サンプル依頼フォーム

※サンプル作成は企業様を対象としております。

ページ上部へ

無料でサンプル制作します! デザイン自由 約7日で発送 選べるケース

045-315-7164
メール
無料サンプル制作のご依頼