オリジナルスマホケースのOEM・製造・作成

スマホケースのOEM無料サンプル制作のご依頼・お問い合わせはこちら
045-315-7164 9:30~18:30(土日祝除く)
OEMお問い合わせメール
スマホケースのOEM無料サンプル制作のご依頼

「光沢」「マット」どっちが良いの?仕様や違いを比較解説!

アートカバー > お役立ちコラム > トリビア > 「光沢」「マット」どっちが良いの?仕様や違いを比較解説!

スマホケースの表面仕上り(光沢orマット)仕様って何?

スマホケースを使っていると、ケースの表面の素材がツルツルしている光沢のあるケースと、サラサラしているような光沢のない艶なしマット加工のケースがあることが分かります。

写真で言うところの「ツヤありタイプ」「ツヤなしタイプ」といったところでしょう。
これらの違いはなぜあるのか、それぞれのメリット・デメリットなども徹底的に比較解説していきます。

光沢仕様とは

光沢仕様は、スマホケースの表面がつるつるとしているタイプのものを指します。
スマホケースを傾けると光が反射してキレイに見えます。

キラキラしたものが好きな人や、印刷されているデザインが光沢にあったものなら悩むことなく選択するべきでしょう。

少し前にスマホケースを傾けるとオーロラっぽく見えるタイプのケースが流行っていましたが、それが正に光沢タイプのものとなります。

太陽光や電気を活用して、スマホケースをキレイに見せることができるのも光沢仕様の魅力でもあります。
ガラスのようにグロッシーに艶やかに光るところが高級感があると言われ、愛用者も多いスマホケースです。

現在の流行の観点からすると、一昔前に好まれた表面加工が光沢仕様ともいえます。

マット仕様とは

若い女性を中心に、国内外で人気があるのがマット仕様のスマホケースです。
ツヤをなくす加工が施されているので光などが当たってもミラーのように景色が反射したりしません。

このマットな感じが最近若い女性を中心に、非常に好まれている傾向があります。
海外では顕著で、特にトレンド発祥の地である韓国では大半がマット仕様を好みます。

指紋などが付きにくいのも特徴なので、メイクする女性は皮脂汚れが付きにくいことなども背景にあるのかもしれませんね。

そんなマット仕様のスマホケースですが、自分自身でDIYすることでマット仕様にすることもできます。
ツヤ消しスプレーを使って満遍なく吹き掛けると、簡単にツヤが消されたマットっぽい仕上がりのスマホケースとなります。

より市販品に近づけるためには、ツヤ消しスプレーが乾いたらその上からマットニスを縫ってコーティングすると長持ちもするし、手触りも良くなるのでオススメです。

ただし、あくまでも自分自身で施すハンドメイド作品という形になります。
上質なマット仕様のスマホケースを求める場合は市販品を購入するのが確実でしょう。

アートカバーでもマット仕様のスマホケースを多数取り扱っています。
以下のオンラインショップでも取り扱いがあるので是非チェックしてみてくださいね。

→オンラインショップのご紹介

光沢仕様のメリットとデメリット

光沢とマット仕様、それぞれにメリットとデメリットがあるので、比較解説していきます。
まずは光沢仕様から見ていきましょう。

光沢仕様のメリット

  • 肌触りがツルツルしていて気持ちいい
  • 光沢があるため高級感がある
  • 見た目が美しい
  • 光の反射など、環境によって異なった見え方が楽しめる

光沢仕様のデメリット

  • 指紋が付きやすい
  • 汚れがついた場合目立ちやすい

光沢感のあるスマホケースをチェック!

アートカバー取り扱いの光沢感のあるスマホケースは、以下のオンラインショップでお買い求めいただけます。

→Amazon取り扱いスマホケース一覧
→Yahoo!取り扱いスマホケース一覧
→その他オンラインショップのご紹介

マット仕様のメリットとデメリット

続いてマット仕様のタイプのスマホケースのメリットとデメリットも見ていきます。

マット仕様のメリット

  • ナチュラルで自然な印象を与える
  • 指紋が目立ちにくい

マット仕様のデメリット

  • 光沢仕様と比べると地味に見える
  • 表面が滑るためスマホリングが付けにくい
  • 手から滑りやすい

マット感のあるスマホケースをチェック!

アートカバー取り扱いのマット感のあるスマホケースは、以下のオンラインショップでお買い求めいただけます。

→Amazon取り扱いスマホケース一覧
→Yahoo!取り扱いスマホケース一覧
→その他オンラインショップのご紹介

光沢とマットどっちが良いの?

上記の項目でお伝えしたように光沢仕様のスマホケースもマット仕様のスマホケースもメリットとデメリットがあります。
どちらがいいということはないので、好みで使い分けるのが一番です。

光沢仕様でもマット仕様でも、どちらでもレーザープリントなどを施すことが出来ます。
加工方法やケースの素材自体などは同じなので、プリントの持ちも変わりません。

どちらの仕上がりがキレイに見えるのかも、受け取り手次第なので好きなタイプを選んでみてください。
スマホケースに施すデザインのイメージに合わせて、どちらのタイプが似合うかで決めてみるのもいいですね。

まとめ

スマホケースには大きく分けて光沢仕様のものとマット仕様のものがあることが分かりました。

どちらでなきゃダメということは全くありません。
一長一短ですので、好みに合わせて使い分けるのが1番です。

それぞれのメリットやデメリットを踏まえた上で、自分のお気に入りとなるスマホケースを是非見つけてみてください。

株式会社アートカバーでは、ツヤツヤの光沢タイプとさらさらとしたマットタイプのスマホケースを取り扱っております。

ハードケースはもちろん、カード収納付きの「ポケットケース」やさらに鏡やスタンド機能の付いた「スライドスタンドケース」も光沢タイプ・マットタイプ両方をご用意しております。

Amazon取り扱い(ポケットケース)→
Yahoo!取り扱い(ポケットケース)→

Amazon取り扱い(スライドスタンドケース)→
Yahoo!取り扱い(スライドスタンドケース)→

Amazon取り扱い(ハードケース)→
Yahoo!取り扱い(ハードケース)→

→その他オンラインショップのご紹介

法人様でオリジナルのデザインでOEM制作を検討されている場合は、ケースによってマットや光沢を選択することもできます。
迷われている場合は、サンプルを2つ作って比較することもできますので是非ご検討くださいませ。

(法人様向け)お問い合わせフォーム

無料でサンプルを制作します。
無料でサンプルを制作します。
045-315-7164
サンプル依頼フォーム

※サンプル作成は企業様を対象としております。

ページ上部へ

無料でサンプル制作します! デザイン自由 約7日で発送 選べるケース

045-315-7164
メール
無料サンプル制作のご依頼